コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工なぎさ(読み)じんこうなぎさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工なぎさ
じんこうなぎさ

人工的に造成した海浜。浸食される海岸の保全のためと,海水浴などの海洋性レクリエーションのために造成したものの2種類がある。地方自治体が主体となって,海岸環境整備事業の適用を受けて実施している場合が多い。海浜のほか,護岸突堤遊歩道,駐車場,便益施設なども併せて整備されている。国内では,東京都葛西海浜公園,大阪府淡輪 (たんのわ) ・箱作 (はこづくり) 海岸,千葉県幕張の浜,横浜市海の公園などが代表的である。海外では,モナコのモンテカルロ海水浴場,アメリカのコネティカット州シーサイドパークビーチ,フランスのカンヌ市クロアゼット海岸などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android