コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海水浴 かいすいよく sea bathing

6件 の用語解説(海水浴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海水浴
かいすいよく
sea bathing

元来は奪温と刺激で皮膚を鍛える浴療法 (タラソセラピー) の一種であった。日本で避暑,スポーツとして最初の有料海水浴場が出現したのは 1884年で,横浜海岸通り店開きし,有料で脱衣,携帯品を預った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいすい‐よく【海水浴】

海に行って泳いだり、日光浴をしたりすること。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海水浴【かいすいよく】

涼を求めたり,遊泳やレクリエーションを目的に海浜で行われる水浴。海水による沐浴(もくよく)は紀元前からエジプトなどで行われていた記録があるが,近代の海水浴は18世紀後半英国のR.ラッセルがその医療効果を宣伝して,ブライトンの海岸に施設をつくり,実行したのが始まり

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいすいよく【海水浴】

避暑,レクリエーションなどを目的として海浜で行われる水浴。海水による沐浴(もくよく)の歴史は古く,旧約聖書エジプト人の沐浴の記録があるが,18世紀の中ごろ,イギリスの医師R.ラッセルが,海浜の空気を呼吸し,海水に浸り,海水を飲むことの医療的効果を唱え,ブライトンの海岸に患者を集めて実行したのが近代の海水浴sea bathingの始まりとされる。その後しだいに医療目的を離れ,行楽娯楽として各地の海浜で盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいすいよく【海水浴】

海で泳いだり、浜辺で遊んだりすること。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海水浴
かいすいよく

健康増進、避暑、レクリエーションとして海岸で水につかることである。現在では海で水泳をすることを海水浴というようになっているが、もとは健康回復や健康増進を目的として世界各国で昔から行われていた原始的な自然療法であった。日本でも古くから潮浴(しおあみ)、潮湯治(しおとうじ)などの名で医療のための海水浴が行われていた。[笹島恒輔]

歴史

原始的医療法として海水浴が行われていたのであるが、18世紀なかばごろよりイギリスで、海辺の空気を吸い、きれいな海水を飲み、海水に浸ることの医療的効果が唱えられだした。人々は海水を飲み、腰まで水に入って終日立っていたのである。この海水浴のために水浴マシンbathing machineとよばれる車輪の大きな馬車がつくられ、その馬車を海に乗り入れ、馬車から海に入ったのである。人々は、海水浴が体のみならず精神の健康にも役だつということを知り、レジャーとしての海水浴へと発展していった。
 日本でも鎌倉時代に源実朝(さねとも)(1192―1219)が鎌倉の海に入って病を治したことが『吾妻鏡(あづまかがみ)』に書かれており、歌人の鴨長明(かものちょうめい)が尾張(おわり)国大野の浜で海水を浴び、「生魚のみあへもきよし酒もよし、大野のゆあみ日数かさねむ」と詠んでおり、海水療法としての海水浴が行われていたことがわかる。日本において海水浴という用語が使用されたのは明治になってからである。海水浴という用語は外国語からの訳で、初めて使用したのは蘭方医(らんぽうい)の松本順(良順)といわれている。西洋医学を学んだ先覚者たちが、西洋医学に教えられて海浜療法、海水浴の効能を認めて公表し、実現の運びにさせたのである。1880年(明治13)に兵庫県須磨(すま)明石(あかし)海岸で、脚気(かっけ)にかかった大阪鎮台の兵士に療養のため海水浴をさせている。81年には愛知県令(現在の知事)国直廉平(くになおれんぺい)は愛知病院長後藤新平に諮って、同県にある潮湯治の故地大野の千鳥浜海岸に小屋掛けをして海水浴場とした。軍医総監となった松本順は神奈川県大磯(おおいそ)町照ヶ崎海岸を理想の海水浴場として推薦し、85年に海水浴場を開いた。照ヶ崎海岸は日本の海水浴場の明確な発祥の地とされている。また、長与専斎(ながよせんさい)は鎌倉を海水浴場とするように尽力した。このように日本の海水浴場は、医者によって海水療法の場所として開かれていったのである。
 ところが、1890年代から神奈川県、千葉県の海岸に各学校の水泳部が設けられて水泳の練習を始めた。また、1917年(大正6)に警視庁が川の汚れを理由に隅田(すみだ)川での水泳を禁止したことにより、それまで隅田川にあった水練場が海に移動したこともあって、海水浴は海水療法という目的からしだいに水泳をすることというように変わっていった。その後各地の海浜に海水浴場が設けられていき、医療や保養のためでなく、水泳の目的のために利用する人々が多くなり、海水浴は日本ではもっとも大衆的な夏のレクリエーションへと発展していった。1970年代に入ると海水の汚染が激しくなったため、環境庁と厚生省は海水浴場としての適否を判定するための水質基準を定め、毎年関係自治体と協力して調査の結果を発表している(調査開始当初は厚生省も関係していたが、その後、国の機関としては環境庁の所管となり、2001年以降は省庁再編によって誕生した環境省の所管となった)。[笹島恒輔]

海水浴の効果と注意

海水浴はもともと海水療法から始まったものであるので、適当な注意のもとに行えば健康上に大なる効果を得ることができる。それは、転地による精神的な効果、海浜の新鮮な空気や、日光浴、水泳による運動などにより健康上の効果は大である。とくに水に入ったときの冷感と塩類の刺激による血管の収縮、水から出たときにおこる反応的充血の繰り返しは皮膚の鍛錬によく、また、日光の熱線、紫外線の作用で抵抗力を養うことができる。注意すべき点としては、海水浴中の新陳代謝の量はゆっくりと泳いでも平常の7、8倍になるので、健康な人でも運動が過度にならぬよう注意すべきである。そのためには入水時間も初めは短くしてだんだんと長くしてゆくべきである。
 海水浴においては過度の日焼けとなることがある。わずかな露出時間でも海水に浸っていることで直射日光を受けると皮膚に火傷を受けて火膨れができたりする。日焼けを誇るために急に直射日光に当たることなどは避けるべきである。睡眠不足のとき、疲れのひどいとき、空腹や満腹のとき、酒を飲んだあと、汗をかいた直後などには泳ぐべきではない。また、ツベルクリン反応が自然陽転1年以内、結核系の病気の治療後まもない場合、耳の疾患、発熱中、心臓病、高血圧症、貧血症、糖尿病、腎臓(じんぞう)病、てんかんの人などは泳がないほうがよい。水に入る前には軽く準備運動をしてから入り、海水浴を終わったあとでは真水で全身を洗っておかなくてはならない。[笹島恒輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海水浴の関連キーワード日本レクリエーション協会レクリエーション療法リゾートハウスレクリエーショナルビークルウエーブクリエーション総合レクリエーション公園レクリエーションダイバーレクリエーション森林レクリエーション・コーディネーター全国スポーツレクリエーション祭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海水浴の関連情報