コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工光合成 ジンコウコウゴウセイ

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐こうごうせい〔‐クワウガフセイ〕【人工光合成】

人工的に光合成を行う技術。太陽光のエネルギーを利用し、水と二酸化炭素から有機物を合成する。特殊な添加物や光触媒を用いる技術が成功しているが、エネルギー変換効率の向上や、エチルアルコールなどの燃料の直接生成に向けた研究が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人工光合成の関連キーワードバイオミメティックスエネルギー変換用色素二酸化炭素の固定光増感色素機能性色素

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工光合成の関連情報