人工木(読み)ジンコウボク

リフォーム用語集の解説

人工木

木に似せて作られた樹脂製の材。天然木の風合いをだすために木片を混ぜて作られるものもある。天然の木材の老朽化を免れえないという欠点を補う。均一な品質でしかも大量生産でき、大きさも自由に決めることができるというメリットがある。しかし肌触りや風合いは天然木に劣り、環境による表面温度の変化も大きい。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工木の関連情報