コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生の阿呆 ジンセイノアホウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人生の阿呆
じんせいのあほう

木々高太郎(きぎたかたろう)の長編推理小説。1936年(昭和11)『新青年』に連載。作者提唱の探偵小説芸術論を実践に移した作品である。昭和初頭のプロレタリア運動と製薬会社の薬害問題を背景にして、殺人容疑者となったブルジョア家庭の転向者の青年とその祖母が中心人物として描かれているが、作者の視点は社会問題にはなく、主人公の青年の人間的成熟の過程に置かれている。したがって事件解明のサスペンスの盛り上がりには乏しいうらみがある。しかし、当時エロ・グロ調や怪奇趣味一辺倒の長編推理小説の分野で、インテリ読者を対象にした知的ミステリーとして評価を受け、推理小説としては初の直木賞を受賞した。[厚木 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人生の阿呆の関連キーワード推理小説林 髞厚木林髞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android