コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生の阿呆 ジンセイノアホウ

2件 の用語解説(人生の阿呆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんせいのあほう〔ジンセイのアハウ〕【人生の阿呆】

木々高太郎ミステリー小説。昭和11年(1936)刊行。同年、第4回直木賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人生の阿呆
じんせいのあほう

木々高太郎(きぎたかたろう)の長編推理小説。1936年(昭和11)『新青年』に連載。作者提唱の探偵小説芸術論を実践に移した作品である。昭和初頭のプロレタリア運動と製薬会社の薬害問題を背景にして、殺人容疑者となったブルジョア家庭の転向者の青年とその祖母が中心人物として描かれているが、作者の視点は社会問題にはなく、主人公の青年の人間的成熟の過程に置かれている。したがって事件解明のサスペンスの盛り上がりには乏しいうらみがある。しかし、当時エロ・グロ調や怪奇趣味一辺倒の長編推理小説の分野で、インテリ読者を対象にした知的ミステリーとして評価を受け、推理小説としては初の直木賞を受賞した。[厚木 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人生の阿呆の関連キーワード木々高太郎ミステリー結婚案内ミステリー結婚案内ミステリー風『このミステリーがすごい!』大賞STORIES東京ミステリーぼくのミステリ作法ミステリ博物館ミステリー列車が消えたミステリー小説

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone