祖母(読み)オオバ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ば〔おほ‐〕【祖母】

《「おおはは(大母)」の音変化》父母の母。そぼ。⇔祖父(おおじ)
「犬江親兵衛が―、妙真もをるなれば」〈読・八犬伝・九〉

お‐ば【祖母】

《「おおば」の音変化》父母の母。そぼ。⇔祖父(おじ)
「かの御―北の方」〈桐壺

そ‐ぼ【祖母】

父母の母親。おばあさん。⇔祖父

ばば【祖母/婆】

(祖母)父母の母親。おおば。そぼ。⇔祖父(じじ)
(婆)年老いた女性。老女。老婆。⇔爺(じじ)
(婆)トランプゲームのばば抜きジョーカーのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うば【祖母】

両親の母親。おおば。祖母そぼ。 「 -にて侍りし人の身まかりて/隆信集」

おおば【祖母】

〔「おおはは(大母)」の転〕
父母の母。そぼ。 ⇔ おおじ 「父方の-の家をつたへて久しく/方丈記」

おば【祖母】

〔「おほば(祖母)」の転〕
父母の母。そぼ。 ⇔ おじ 「中の君をば-北の方取り放ちて養ひきこえ給ふ/栄花 見はてぬ夢

そぼ【祖母】

父母の母親。ばば。おばあさん。 ⇔ 祖父

ばば【祖母】

両親の母親。そぼ。おおば。 ⇔ 祖父じじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ば おほ‥【祖母】

〘名〙 (「おおはは(大母)」の変化した語) 父母の母。そぼ(祖母)。⇔おおじ
令集解(738)喪葬「祖父母古記云。爾雅釈親云。父之考為王父。父之妣為王母。案生父之身祖父母也。俗云於保知於保波也」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)九「暇なければ、いまだ大母(オホバ)に対面せず」
[語誌]「おほば」は、平安前期に短縮形の「おば」を派生すると、「おば」の方が有力となり、さらに院政期ごろまでに、「おば」は「うば」を派生し、江戸期に「ばば」やその派生語が優勢になるまで、「うば」を中心に三語が併存した。

そ‐ぼ【祖母】

〘名〙 父母の母。おおば。ばば。ばあ。うば。おばあさん。⇔祖父
※正倉院文書‐天平宝字五年(761)正月二一日・韓国千村解「右、縁祖母服闋斎食、請暇如件、注事状、謹解」
※大鏡(12C前)五「ただ人と申せど、みかど・春宮の御祖母にて」 〔後漢書‐虞詡伝〕

ばばん【祖母】

〘名〙 「ばば(祖母)」の変化した語。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)六「親仁出て見やばばんつ、ばばんつれて親仁出て見やばばんつ、麦かつ音の在郷哥」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祖母の関連情報