厚木(読み)あつぎ

精選版 日本国語大辞典「厚木」の解説

あつぎ【厚木】

神奈川県中央部、相模川の支流中津川と小鮎川の合流点にある地名矢倉沢往還の旧宿駅。尼寺原には古墳群がある。昭和三〇年(一九五五市制

あつ‐き【厚木】

〘名〙 分厚い板状の木。
※歌舞伎・北条九代名家功(高時)(1884)中幕「正面厚木(アツキ)の踏段、正面縁張りの襖」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android