人的担保(読み)ジンテキタンポ

精選版 日本国語大辞典の解説

じんてき‐たんぽ【人的担保】

〘名〙 債務者以外の者の一般財産が債権の担保となっていること。保証や連帯債務など。対人担保。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の人的担保の言及

【担保】より

…このための特別の制度が担保制度である。 この債権担保のための制度には大きく分けて人的担保と物的担保の二つの制度がある。このうちまず,人的担保は債務者以外の者の一般財産を引当てとするもので,保証連帯債務がそのおもなものである。…

【根担保】より

…通常の担保においては人的担保(保証債務など)であれ物的担保(抵当権,質権など)であれ,被担保債権はその成立原因,種類,額などいずれも特定されており,その発生,存続,消滅が担保権の発生・存続ないし実行・消滅の前提となっている。この意味でいわゆる付従性(〈担保物権〉の項参照)が支配している。…

【保証】より

… ある者(主たる債務者)の債務について他の者(保証人)が保証債務を負担すると,債権者は,主たる債務者の無資力などによりその者から弁済を受けられなくても,保証人に資力がある限り保証人から弁済を受けられるから,債務の履行はより確実になる。したがって,保証は担保の一つであり(保証人という人の全財産――これを責任財産という――によって担保されているので,人的担保などという),実際社会においては非常にひんぱんに用いられ,きわめて重要な役割を果たしている。
[法的性質]
 保証債務は主たる債務と同一の内容を有する。…

※「人的担保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android