人至って賢ければ友なし(読み)ひといたってかしこければともなし

精選版 日本国語大辞典「人至って賢ければ友なし」の解説

ひと【人】 至(いた)って=賢(かしこ)ければ[=善(ぜん)なれば内(うち)に]友(とも)なし

(「孔子家語‐入」の「至清則無魚、人至察則無徒」から) あまり賢明であると、他人から敬遠される。水清ければ魚棲まず
曾我物語(南北朝頃)一「人いたってせんなれば、うちにともなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android