人買い(読み)ひとかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人買い
ひとかい

人身売買を業とした商人。人商人ともいう。律令制時代より人買いは存在し,私奴婢は私有財産として売買を公認されていた。鎌倉,室町時代には法制上,人身売買は禁止されたが,奴婢,雑人の売買,質入れは行われ,人買いも横行した。江戸時代には,『御定書百個条』にも見えるように厳禁されたが,過酷な貢租負担に耐えられず人身売買は跡を絶たなかった。さらに遊里制度の発達により子女を買ったり,一定期間の身売りなども人買いの手で行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひとかい【人買い】

貧しい家の子女を買い取ったり、だまして連れ出したりして他に売る者。人商人ひとあきびと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人買いの関連情報