人買い(読み)ひとかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人買い
ひとかい

人身売買を業とした商人。人商人ともいう。律令制時代より人買いは存在し,私奴婢は私有財産として売買を公認されていた。鎌倉,室町時代には法制上,人身売買は禁止されたが,奴婢,雑人の売買,質入れは行われ,人買いも横行した。江戸時代には,『御定書百個条』にも見えるように厳禁されたが,過酷な貢租負担に耐えられず人身売買は跡を絶たなかった。さらに遊里制度の発達により子女を買ったり,一定期間の身売りなども人買いの手で行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひとかい【人買い】

貧しい家の子女を買い取ったり、だまして連れ出したりして他に売る者。人商人ひとあきびと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人買いの関連情報