コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人買い ひとかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人買い
ひとかい

人身売買を業とした商人。人商人ともいう。律令制時代より人買いは存在し,私奴婢は私有財産として売買を公認されていた。鎌倉,室町時代には法制上,人身売買は禁止されたが,奴婢,雑人の売買,質入れは行われ,人買いも横行した。江戸時代には,『御定書百個条』にも見えるように厳禁されたが,過酷な貢租負担に耐えられず人身売買は跡を絶たなかった。さらに遊里制度の発達により子女を買ったり,一定期間の身売りなども人買いの手で行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひと‐かい〔‐かひ〕【人買い】

女・子供をだまして連れ去ったり買い取ったりして他に売り渡す

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとかい【人買い】

貧しい家の子女を買い取ったり、だまして連れ出したりして他に売る者。人商人ひとあきびと

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

人買いの関連キーワード山椒太夫・山椒大夫・山荘太夫・三荘大夫隅田川(能、歌舞伎舞踊劇)オーカッサンとニコレット由良湊千軒長者ロミオの青い空安寿と厨子王安寿・厨子王安寿・厨子王磁石(狂言)安寿/厨子王安口の判官塩(しお)人買い船山椒大夫山荘太夫山椒太夫小栗判官豊川良平村井貞勝自然居士

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人買いの関連情報