コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身売り ミウリ

3件 の用語解説(身売りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐うり【身売り】

[名](スル)
身の代金と引き換えに、約束の一定期間を勤めること。多く、遊女・娼妓(しょうぎ)にいう。
権利・施設などをそっくり他に売り渡すこと。「多額の借金のため工場を身売りする」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身売り
みうり

娼婦(しょうふ)などが身代金と交換に、約束した期間、身を売って勤めること。前借金を受け取ったかわりに年季奉公をすること。ときには、前借金を払って、その奉公をやめさせる身請けも行われた。[芳井敬郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

身売りの関連情報