コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間交通の発展ならびにこれにより生ずる人間行為の法則 にんげんこうつうのはってんならびにこれによりしょうずるにんげんこういのほうそく Entwicklung der Gesetze des menschlichen Verkehrs,und der daraus flissenden Reglen für menschliches Handeln

1件 の用語解説(人間交通の発展ならびにこれにより生ずる人間行為の法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間交通の発展ならびにこれにより生ずる人間行為の法則
にんげんこうつうのはってんならびにこれによりしょうずるにんげんこういのほうそく
Entwicklung der Gesetze des menschlichen Verkehrs,und der daraus flissenden Reglen für menschliches Handeln

ドイツの経済学者 H.H.ゴッセンの主著で,限界効用の概念をはじめて明示的に用いて価値の理論を構成した著作の一つ。 1854年刊。財の消費の増大に伴い追加的消費から得られる追加的効用が減少することを意味する限界効用逓減の法則 (第1法則) を指摘し,所得がそれぞれの財に対する追加的支出から得られる追加的効用が等しくなるように支出されることを意味する限界効用均等の法則 (第2法則) を証明したことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間交通の発展ならびにこれにより生ずる人間行為の法則の関連キーワードオイケンゴッセン杉本栄一ヒルファーディングレッシュワッセルマン食料経済学小島麗逸ジーモンゴットル・オトリリエンフェルト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone