コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井信郎 いまい のぶお

2件 の用語解説(今井信郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井信郎 いまい-のぶお

1841-1918 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年10月2日生まれ。幕臣。剣を榊原鍵吉にまなぶ。慶応3年京都見廻組与力頭。戊辰(ぼしん)戦争では東北各地で新政府軍とたたかい,明治2年五稜郭で降伏。翌年坂本竜馬暗殺にかかわったと供述した。5年特赦。のち静岡県初倉村村長をつとめた。大正7年6月25日死去。78歳。江戸出身。名は為忠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今井信郎

没年:大正7.6.25(1918)
生年:天保12.10.2(1841.11.14)
幕末維新期の京都見廻組,のちに衝鉾隊副長。坂本竜馬を斬った男といわれる。父は旗本今井安五郎守胤というが『京師御用留』には中間とある。信郎自身も部屋住から中間と記されている。文久3(1863)年神奈川奉行支配定番役に進み,同年9月2日に井土ケ谷で殺されたフランス士官カミュの犯人捜査に奔走。慶応2(1866)年二丸火之番に転じ,翌年京都見廻組を拝命。明治1(1868)年の鳥羽・伏見の戦に参戦したのち,北越,箱館と転戦,降服した。竜馬殺しの件で裁判を受け禁固刑となるが,同5年特赦放免。その後クリスチャンとなり,静岡県榛原郡初倉村の村長を務めた。

(釣洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今井信郎の関連キーワード松平定敬佐々木高城見廻組NHK大河ドラマ押小路甫子佐々木只三郎中山績子三井高喜宮地正人結城無二三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今井信郎の関連情報