コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村恒夫 いまむら つねお

1件 の用語解説(今村恒夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村恒夫 いまむら-つねお

1908-1936 昭和時代前期の詩人。
明治41年1月15日生まれ。「文芸戦線」に作品を発表し,日本プロレタリア作家同盟にくわわる。昭和7年共産党に入党し,8年小林多喜二とともに逮捕された。豊多摩刑務所収監中に病状が悪化し,保釈されたが,昭和11年12月9日死去。29歳。「今野大力今村恒夫詩集」がある。福岡県出身。日大中退。本名は久雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今村恒夫の関連キーワード数学基礎論時代劇監獄法新聞小説イタリア映画東欧映画オリンピック蛇紋岩中南米映画陸軍省

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone