コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸戦線 ぶんげいせんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文芸戦線
ぶんげいせんせん

文芸雑誌。 1924年6月~32年7月。 25年1~5月休刊。 95冊。関東大震災 (1923) による『種蒔く人』の廃刊のあとをうけて発刊。青野季吉金子洋文小牧近江らが主導者となり,特に青野の『「調べた」芸術』 (35) や「目的意識論」はプロレタリア文学の方向を決定した。以後分裂を重ねながらも,青野,平林たい子葉山嘉樹らが活躍し,プロレタリア文学の第2の闘争期を形成したが,ナップ系の「政治の優位性理論」とは終始一線を画し,やがて『戦旗』に主導権を奪われて衰微した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんげいせんせん【文芸戦線】

文芸雑誌。大正13年(1924)6月創刊、昭和7年(1932)7月廃刊。「種蒔(ま)く人」のあとを受けて青野季吉らが創刊。プロレタリア文学運動の指導的役割を果たしたが、のちに分裂して「戦旗」と対立した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

文芸戦線【ぶんげいせんせん】

プロレタリア文学の代表的な雑誌の一つ。《種蒔く人》廃刊のあとを受けて1924年6月,金子洋文,小牧近江,平林初之輔青野季吉らが創刊,葉山嘉樹林房雄平林たい子らの新人を出した。
→関連項目蔵原惟人黒島伝治藤森成吉文芸時代前田河広一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんげいせんせん【文芸戦線】

プロレタリア文学の代表的な雑誌の一つ。1924年(大正13)6月創刊,32年(昭和7)7月廃刊。全95冊。《種蒔く人》のあとをうけて青野季吉,金子洋文,前田河(まいだこ)広一郎,平林初之輔ら13名が初め同人雑誌として創刊。25‐26年に葉山嘉樹《淫売婦》《セメント樽の中の手紙》,黒島伝治《銅貨二銭》,林房雄《林檎》,山田清三郎《幽霊読者》,青野《自然生長と目的意識》などが発表され,プロレタリア文学の新しい発展の中心となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文芸戦線
ぶんげいせんせん

文芸雑誌。『種蒔(ま)く人』同人の青野季吉(すえきち)、小牧近江(おうみ)らが1924年(大正13)6月同人誌として創刊。葉山嘉樹(よしき)、黒島伝治、平林たい子、青野らの作品や評論を掲載し、この期のプロレタリア文学運動の中心的、指導的役割を果たした。同人が参加していた日本プロレタリア芸術連盟が分裂した27年(昭和2)6月、同人主流派は労農芸術家連盟を結成、以後その機関誌となった。11月の労芸分裂以降、山川均(ひとし)らの『労農』を支持する立場を固定し、青野、葉山、前田河広一郎(まえだこうひろいちろう)らが拠(よ)って共産党支持のナップ派と対立したが、分裂・脱退が続き弱体化した。31年1月より『文戦』と改題。32年7月廃刊。通巻92冊。復刻版がある。[祖父江昭二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

文芸戦線の関連キーワード日本プロレタリア作家同盟文芸戦線・文藝戦線鈴木 清次郎飯田 徳太郎田口 運蔵浅野 純一山内 謙吾新島 栄治施療室にて山内 房吉今村 恒夫伊藤永之介佐野袈裟美本荘 可宗今村恒夫岩藤雪夫若杉鳥子二銭銅貨鶴田知也今野賢三

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文芸戦線の関連情報