コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸戦線 ぶんげいせんせん

5件 の用語解説(文芸戦線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文芸戦線
ぶんげいせんせん

文芸雑誌。 1924年6月~32年7月。 25年1~5月休刊。 95冊。関東大震災 (1923) による『種蒔く人』の廃刊のあとをうけて発刊。青野季吉金子洋文小牧近江らが主導者となり,特に青野の『「調べた」芸術』 (35) や「目的意識論」はプロレタリア文学の方向を決定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんげいせんせん【文芸戦線】

文芸雑誌。大正13年(1924)6月創刊、昭和7年(1932)7月廃刊。「種蒔(ま)く人」のあとを受けて青野季吉らが創刊。プロレタリア文学運動の指導的役割を果たしたが、のちに分裂して「戦旗」と対立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文芸戦線【ぶんげいせんせん】

プロレタリア文学の代表的な雑誌の一つ。《種蒔く人》廃刊のあとを受けて1924年6月,金子洋文,小牧近江,平林初之輔青野季吉らが創刊,葉山嘉樹林房雄平林たい子らの新人を出した。
→関連項目蔵原惟人黒島伝治藤森成吉文芸時代前田河広一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんげいせんせん【文芸戦線】

プロレタリア文学の代表的な雑誌の一つ。1924年(大正13)6月創刊,32年(昭和7)7月廃刊。全95冊。《種蒔く人》のあとをうけて青野季吉,金子洋文,前田河(まいだこ)広一郎,平林初之輔ら13名が初め同人雑誌として創刊。25‐26年に葉山嘉樹《淫売婦》《セメント樽の中の手紙》,黒島伝治《銅貨二銭》,林房雄《林檎》,山田清三郎《幽霊読者》,青野《自然生長と目的意識》などが発表され,プロレタリア文学の新しい発展の中心となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文芸戦線
ぶんげいせんせん

文芸雑誌。『種蒔(ま)く人』同人の青野季吉(すえきち)、小牧近江(おうみ)らが1924年(大正13)6月同人誌として創刊。葉山嘉樹(よしき)、黒島伝治、平林たい子、青野らの作品や評論を掲載し、この期のプロレタリア文学運動の中心的、指導的役割を果たした。同人が参加していた日本プロレタリア芸術連盟が分裂した27年(昭和2)6月、同人主流派は労農芸術家連盟を結成、以後その機関誌となった。11月の労芸分裂以降、山川均(ひとし)らの『労農』を支持する立場を固定し、青野、葉山、前田河広一郎(まえだこうひろいちろう)らが拠(よ)って共産党支持のナップ派と対立したが、分裂・脱退が続き弱体化した。31年1月より『文戦』と改題。32年7月廃刊。通巻92冊。復刻版がある。[祖父江昭二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文芸戦線の関連キーワード戦旗日本プロレタリア作家同盟日本プロレタリア文化連盟プロレタリアプロレタリア文学プロレタリア文化大革命プロレタリア独裁《プロレタリア文化》《プロレタリア文学》プロレタリア文化同盟

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文芸戦線の関連情報