介護タクシー(読み)かいごたくしー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

介助が必要な高齢者や障害者らが車いすやストレッチャーで乗車できるタクシー。入退院や通院だけでなく、買い物などの外出時の利用も進む。ケアプランに組み込むことで介護保険の対象になる場合もあるが、名古屋市の新型コロナウイルス感染者の搬送は保険適用外で市が全額負担する。

(2021-01-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵miniの解説

介護の必要な人が乗降できる装備を持ったタクシーのこと。介護保険サービスが利用できるもの及びそれを利用したサービスを特に指す場合もある。後者を介護保険タクシー、それ以外を福祉タクシーと区分することもあるが呼称は統一されていない。いずれも車両は、車椅子のまま乗降できるリフトや回転シート、ストレッチャーで横になったまま乗降できる装備などを持つ。介護保険サービスを利用できる介護タクシーは、介護保険指定業者番号を取得している業者のみが運営でき、乗務員は介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級以上)の資格を持っていなければならない。またこのサービスを利用できるのは、自宅生活者で介護度が要介護1以上など諸条件を勘案し担当ケアマネージャーがケアプランに盛り込んだ場合のみとなる。対して介護保険を使わない介護タクシー(福祉タクシー)の場合、上記条件や手続きなどは必要ないが、料金が全額自己負担となる。

(2017-3-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介護タクシーの関連情報