仏名経(読み)ブツミョウキョウ

大辞林 第三版の解説

ぶつみょうきょう【仏名経】

諸仏の名前を集めた経典。5種類が知られており、三劫三千諸仏名経は仏名会で読誦どくじゆされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶつみょう‐きょう ブツミャウキャウ【仏名経】

仏教経典。元魏の菩提流支訳。一二巻。懺悔滅罪のために三世十方の諸仏の名号を受持することを説く。古くはこの経が仏名会に誦せられたが、後には三千仏名経が用いられた。他にも仏名経と題する経典は多い。
※観智院本三宝絵(984)下「仏名経をかき一万三千仏をうつして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android