コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名号 みょうごうnāmadheya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名号
みょうごう
nāmadheya

仏陀や菩薩の称号をさしていう。仏教ではこの名号を唱えることに大きな意義を認める。浄土宗西山派および浄土真宗では,「南無阿弥陀仏」の6文字を阿弥陀如来の名号とする。浄土真宗では,「南無不可思議光如来」の9字,「帰命盡十方無礙光如来」の 10文字も同じく弥陀の名号とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みょう‐ごう〔ミヤウガウ〕【名号】

菩薩(ぼさつ)の名。これを聞いたり唱えたりすることに功徳(くどく)があるとされる。特に、「阿弥陀仏」の4字、「南無阿弥陀仏」の6字をさす。「六字名号を唱える」「弥陀の名号

めい‐ごう〔‐ガウ〕【名号】

となえる名。名称。また、名声。
みょうごう(名号)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典の解説

名号

「阿弥陀仏」の四字、「南無阿弥陀仏」の六字などを名号といいます。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

みょうごう【名号】

仏や菩薩の名。特に阿弥陀仏の名や「南無阿弥陀仏」の六字などをいう。尊号。徳号。 「 -を唱える」

めいごう【名号】

となえる名。また、名声。
みょうごう(名号)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名号の関連キーワード福島県南相馬市鹿島区南屋形和歌山県新宮市熊野川町日足和歌山県田辺市本宮町湯峯六字の名号最期の十念称名・唱名至徳の名号十字の名号念仏往生名号連歌機法一体一念往生念念称名一念称名九字名号十念称名引声念仏冠字連歌金剛仏子六字名号

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名号の関連情報