コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏国土 ブッコクド

デジタル大辞泉の解説

ぶっこく‐ど【仏国土】

仏国1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっこくど【仏国土】

〘仏〙 諸仏それぞれの浄土のこと。仏国。仏土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仏国土の言及

【浄土】より

…清浄な国土という意味で,菩薩として衆生を救済せんという誓願を立てて悟りに達した仏陀が住む清浄な国土のことであり,煩悩(ぼんのう)でけがれた凡夫の住む穢土(えど)つまり現実のこの世界に対比していう。浄土は大乗仏教における宗教的理想郷を指す言葉としても広く用いられたが,阿弥陀仏の信仰が鼓吹され流行するにつれて,阿弥陀仏の仏国土である極楽と同一視され,ついには同義語となる。サンスクリットには浄土を意味する術語はないが,漢訳仏典の訳語の用例からみて,仏国土を意味するブッダ・クシェートラbuddha‐kṣetraの訳語とされている。…

【仏教】より

…この傾向は後に仏塔を中心とする在家信者の運動を出発点とする大乗仏教を生み出した。そこでは過去仏や未来仏と並んで,この世界の周囲十方に無数の諸仏とその世界(仏国土,浄土)の存在を認めた。それらの諸仏は,衆生済度(しゆじようさいど)の誓願をもって修行して仏となり,その誓いどおり衆生を救うべく,その姿を現したものとして崇拝された(たとえば西方極楽世界の阿弥陀)。…

※「仏国土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仏国土の関連キーワード観自在王院跡瑠璃光浄土浄土教美術毛越寺境内立正安国論無量光院跡中尊寺境内世界遺産即心念仏密厳浄土自受用土慰霊供養創価学会一仏世界曼陀羅華他受用土理趣経浄土教金鶏山中尊寺

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏国土の関連情報