コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝鬘経 しょうまんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝鬘経
しょうまんぎょう

大乗仏教経典。釈尊の前で王妃の勝鬘夫人 (しょうまんぶにん) が大乗仏教の教えを説き,釈尊がそれを正しいものと認めるという筋書である。迷いの生活をおくる人の心のうちに存在する,仏陀たりうる可能性 (→如来蔵 ) を説き,また在家仏教を認める重要な経典。サンスクリット原典は発見されないが,いくつかの論書に一部分が引用され,原形を断片的に知ることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうまん‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【勝鬘経】

大乗経典。1巻。宋の求那跋陀羅(ぐなばつだら)訳。勝鬘夫人(しょうまんぶにん)仏陀の威神力を受けて一乗真実の道理と如来蔵法身について説き、仏陀が賞賛してそれを是認する形をとる経典。在家得道の信仰を示した経典として重要。勝鬘師子吼一乗大方便方広経。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

勝鬘経【しょうまんぎょう】

大乗仏典の一つ。1巻。舎衛(しゃえい)国の波斯匿(はしのく)王の娘,勝鬘夫人が釈迦の神通力を受けて説いた経。一乗真実の理と如来蔵法身を説き,在家の信仰を鼓吹した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうまんぎょう【勝鬘経】

大乗仏典の一つ。原題《シュリーマーラーデービー・シンハナーダ・スートラŚrīmālādevī‐siṃhanāda‐sūtra》。サンスクリット原典は失われ(断片は他書に引用されている),チベット語訳と2種の漢訳(求那跋陀羅(ぐなばだら)訳,菩提流支訳)が現存。広く用いられるのは求那跋陀羅訳《勝鬘師子吼一乗大方広方便経》である。本経は舎衛(しやえい)国波斯匿(はしのく)王の王女勝鬘夫人の説法を釈尊が承認するという形をとっており,在家女性の説法という点で特異である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうまんぎょう【勝鬘経】

〔「勝鬘師子吼一乗大方便方広経」の略〕
一巻。南朝の宋の求那跋陀羅ぐなばだら訳。勝鬘夫人を主人公とし、一乗への帰一と衆生しゆじようの本性の清浄を説く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の勝鬘経の言及

【如来蔵説】より

…すべての人々は,如来を胎児として蔵しているという意味である。 この思想は,《如来蔵経》に始まり,《不増不減経(ふぞうふげんきよう)》や《勝鬘経(しようまんぎよう)》によって継承され,《宝性論(ほうしようろん)》にいたって組織体系化された。また,《涅槃経(ねはんぎよう)》(大乗)では,とくに〈仏性〉という語が用いられ,この思想が展開されている。…

※「勝鬘経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勝鬘経の関連キーワード求那跋陀羅(ぐなばっだら)佐伯 定胤花山 信勝勝鬘経義疏法華義疏五時八教大乗経典花山信勝大宝積経三経義疏勝鬘院主人公法隆寺如来唄斑鳩寺清浄一巻本性衆生説教

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android