理想郷(読み)リソウキョウ

大辞林 第三版の解説

りそうきょう【理想郷】

理想的な想像上の世界。ユートピア。 「 -に遊ぶ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りそう‐きょう リサウキャウ【理想郷】

〘名〙
① 哲学で、理性と感情とを十分に満足させる最も完全な世界。〔哲学字彙(1881)〕
② 想像上の理想的な世界。ユートピア。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「我々人間の本性は絶えず此の理想境に達しやうと為て、努力し邁進して居るので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の理想郷の言及

【ユートピア】より

…現実には存在しない,理想的な世界をいい,理想郷,無可有郷(むかうのさと)などと訳される。ギリシア語を手がかりとして〈どこにもないou場所topos〉と〈良いeu場所topos〉とを結びつけたT.モアの造語。…

※「理想郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

理想郷の関連情報