仏性論(読み)ぶっしょうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏性論
ぶっしょうろん

インドの世親著,中国,陳の真諦訳。4巻。仏性の意味を論究した書で,縁起,破執,顕体,弁相の4分 16品から成る。初めに如来が「一切衆生悉有仏性」と説いたことを述べ,次に外道,部派仏教の見解を論難して,三因,三性如来蔵などを説く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android