コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一切衆生悉有仏性 いっさいしゅじょうしつうぶっしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一切衆生悉有仏性
いっさいしゅじょうしつうぶっしょう

生きとし生けるものは,すべて仏陀になる可能性 (仏性) をもっており,すべて悟りうるという仏教の思想。諸説もあって,なかには仏性をもたないものもありうるとする説 (法相宗) ,草木などの精神性をもたないものにまで仏性があるとする説 (天台宗) ,精神性をもたないものは仏性をもたないとする説 (華厳宗) などがある。大乗仏教の『涅槃経』にみえる句。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

一切(いっさい)衆生(しゅじょう)悉有仏性(しつうぶっしょう)

生きとし生けるものはすべて生まれながらにして仏となりうる素質をもつということ。涅槃経に説く。一切皆成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっさいしゅじょうしつうぶっしょう【一切衆生悉有仏性】

〔涅槃経〕
すべて生あるものは、ことごとく仏となる可能性を有している。 → 仏性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一切衆生悉有仏性の関連キーワード生きとし生けるもの正法眼蔵涅槃宗一闡提仏性論性起

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android