コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如来蔵 にょらいぞうtathāgatagarbha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

如来蔵
にょらいぞう
tathāgatagarbha

仏教用語。すべての人間の内面に存在する仏陀になりうる可能性如来蔵自体は本質的に清浄で,あらゆるけがれに染まらないものではあるが,迷いの存在にあっては,この如来蔵が多くの煩悩によっておおわれていると説かれる。この思想は,すでに大乗仏教の初期の経典『如来蔵経』『勝鬘経 (しょうまんぎょう) 』などにみえ,それが発展して唯識説の阿頼耶識思想との融和を経過,大乗仏教の重要な思想上の流れとなった。 (→仏性 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にょらい‐ぞう〔‐ザウ〕【如来蔵】

凡夫の心のうちに存在している、如来(仏)になりうる可能性。煩悩に覆い隠されている、本来清浄な悟り本性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

如来蔵【にょらいぞう】

真如(しんにょ)・仏性(ぶっしょう)とも。凡夫の心の中にある如来(仏)になり得る可能性をいう。如来蔵を基礎に,人間の迷いと悟り,汚れと清浄の現象を説明するのが如来蔵縁起で,《勝鬘経》《大乗起信論》がある。
→関連項目仏性

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にょらいぞう【如来蔵】

tathāgata-garbha 如来の母胎の意〕
〘仏〙 衆生のうちにある成仏の可能性。仏と違わない本来清らかな心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如来蔵
にょらいぞう

サンスクリット語タターガタガルバtathgatagarbhaの漢訳。衆生(しゅじょう)に本来備わっている仏(如来)と同じ本性をいう。「仏性(ぶっしょう)」と同じ。元来『如来蔵経』において、すべての衆生に、煩悩(ぼんのう)にまとわれているにかかわらず、如来の智慧(ちえ)が行き渡っていることを比喩(ひゆ)して、衆生を「その胎に如来を宿すもの」とよんだのに始まる。原語は「如来の胎、あるいは胎児」を意味するが、『宝性論(ほうしょうろん)』は、この合成語の解釈によって、〔1〕如来の法身(ほっしん)が衆生に遍満(へんまん)する、〔2〕衆生は如来と同じく、真如(しんにょ)を本性とする、〔3〕衆生は将来、如来たるべき因(如来の種姓(しゅしょう))を有している、の三義をたてた。また『仏性論』では漢訳の「蔵」の意味に応じて、〔1〕所摂蔵(しょしょうぞう)(衆生が如来に摂(つかま)せられる)、〔2〕隠伏蔵(おんぶくぞう)(如来=真如が衆生のうちに隠れている)、〔3〕能摂蔵(のうしょうぞう)(衆生が如来〈の種〉を宿す)、の三義をあげる。如来蔵はもと「自性清浄心(じしょうしょうじょうしん)・客塵煩悩染(きゃくじんぼんのうぜん)」(心は本来清浄だが、一時的な煩悩の付着によって汚れている)の説から展開した思想で、『如来蔵経』に始まり、『不増不減(ふぞうふげん)経』『勝鬘経(しょうまんぎょう)』『涅槃経(ねはんぎょう)』などに受け継がれて発展し、『宝性論』によって学説として組織化された。中国・日本では『法華経(ほけきょう)』の一乗思想とあわせて、おおかたの仏教諸派の基本説となっている。[高崎直道]
『高崎直道著『如来蔵思想の形成』(1974・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の如来蔵の言及

【如来蔵説】より

…竜樹を祖とする〈中観(ちゆうがん)派〉と弥勒(みろく)を祖とする〈唯識(ゆいしき)派〉とである。後者と深いかかわりをもち,おもに彼らによって継承された思想に,如来蔵説がある。学派としての形成はついになされることはなかったが,その思想は,密教の成立に大いに寄与し,また中国,日本の仏教に深い影響を与えた。…

※「如来蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

如来蔵の関連キーワードtathāgata求那跋陀羅(ぐなばっだら)究竟一乗宝性論恩賜賞受賞者インド哲学勝鬘経義疏心性本浄説如来蔵説高崎直道真如縁起五教十宗地蔵菩薩来迎院楞伽経仏性論唯識派母胎一心

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android