仏籬祖室(読み)ぶつりそしつ

精選版 日本国語大辞典「仏籬祖室」の解説

ぶつり‐そしつ【仏籬祖室】

〘名〙 (仏陀(ぶつだ)(まがき)、祖師達磨の室の意) 禅門仏教などのこと。
※俳諧・幻住菴記(1690頃)「仏籬祖室の扉に入らむとせしも、〈略〉風雲に身をせめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる