コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風雲 カザグモ

デジタル大辞泉の解説

かざ‐ぐも【風雲】

強風が吹く前兆とされる雲。かぜくも。
「是こそ―よ、と申しも果てねば、大風落ち来(きた)る」〈義経記・四〉
かぜくも1」に同じ。

かぜ‐くも【風雲】

風と雲。風や雲。
《風に吹かれて流れる雲を見立てて》使いの者。
「あしひきの山河隔(へな)り―に言(こと)は通へど」〈・四二一四〉
かざぐも1」に同じ。

ふう‐うん【風雲】

風と雲。風や雲。また、自然。
事の起こりそうな情勢。
「維新の―に際会して身を起し」〈蘆花不如帰
竜が風ととを得て天に昇るように、英雄豪傑頭角を現す好機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

風雲

海音寺潮五郎の歴史小説。1936年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

かざぐも【風雲】

風が吹きはじめる前兆として現れる雲。かぜくも。

かぜくも【風雲】

風や雲。
風に吹かれて動く雲。消息を伝える使いに見立てる。 「あしひきの山川隔て-に言は通へど/万葉集 4214
かざぐも(風雲) 」に同じ。

ふううん【風雲】

風と雲。また、自然。
竜が風と雲に乗って天にのぼるように、英雄・豪傑が世に現れ出る好機。転じて、世の中が激しく動きそうな成り行き。 「 -に乗ずる」 「 -をまき起こす」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

風雲の関連キーワード信長の野望 ゲームボーイ版ジュリアン ストックウィンさいたまネクスト・シアター長野県長野市松代町清野エリートヤンキー三郎イーキン チェン信長の野望DS2海音寺 潮五郎義勇軍行進曲海音寺潮五郎小山 寛二松浦 四郎渡嘉敷勝男窪川鶴次郎渡辺美佐子山田 光成牧野 吉晴角田喜久雄兼崎健太郎河合みのる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風雲の関連情報