コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガキ

デジタル大辞泉の解説

ま‐がき【×籬】

竹や柴などで目を粗く編んだ垣根。ませ。ませがき。
遊郭で、遊女屋の入り口の土間と店の上がり口との間の格子戸。
籬節(まがきぶし)」の略。

ま‐せ【×籬/×笆/間狭】

《「間狭(ませ)」の意か》「籬垣(ませがき)1」に同じ。
劇場の枡の仕切り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

まがき

?-? 江戸時代前期の女性。
大坂新町の遊女小歌名手で,万治(まんじ)年間(1658-61)に一派をなし,籬節と称された。籬節は元禄(げんろく)-宝永のころ流行したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まがき【籬】

竹・柴などを粗く編んで作った垣。ませ。ませがき。
遊郭で、見世みせと入り口の落ち間とのあいだにある格子戸。
「籬節まがきぶし」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【垣】より

…そのうち,檜垣(ひがき)はヒノキの薄板を網代(あじろ)のように編んだものを木製の枠に張ったもの,透垣(すいがき)は割竹を縦に編むように木製の枠に張ったもので,立蔀(たてじとみ)(格子に薄板を張ったもの)とともに建物の近い周囲に多く用いられた。そのほか中世の武士や庶民の住いなどでは,枝つきの木を人字形に組んだ鹿垣(ししがき)や柴垣,竹を編んだ垣,木枝や竹を格子状に組んだ籬(まがき),種々の樹木を植えた生垣(いけがき)が多く用いられた。 江戸時代の城下町につくられた武家屋敷でも,屋敷の周囲には,築地のほかにいろいろな生垣が用いられた。…

※「籬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

籬の関連キーワード鹿児島県曽於郡大崎町假宿大阪府松原市上田交じり見世臼太鼓踊り這ひ交じる乳母日傘持ち遊び仏籬祖室月卿雲客上がり口羯鼓踊り格子戸回し方紛よふ此の君艶二郎通り句遊女屋羯鼓踊大格子

籬の関連情報