(読み)マガキ

デジタル大辞泉の解説

ま‐がき【×籬】

竹や柴などで目を粗く編んだ垣根。ませ。ませがき。
遊郭で、遊女屋の入り口の土間と店の上がり口との間の格子戸。
籬節(まがきぶし)」の略。

ま‐せ【×籬/×笆/間狭】

《「間狭(ませ)」の意か》「籬垣(ませがき)1」に同じ。
劇場の枡の仕切り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まがき【籬】

竹・柴などを粗く編んで作った垣。ませ。ませがき。
遊郭で、見世みせと入り口の落ち間とのあいだにある格子戸。
「籬節まがきぶし」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【垣】より

…そのうち,檜垣(ひがき)はヒノキの薄板を網代(あじろ)のように編んだものを木製の枠に張ったもの,透垣(すいがき)は割竹を縦に編むように木製の枠に張ったもので,立蔀(たてじとみ)(格子に薄板を張ったもの)とともに建物の近い周囲に多く用いられた。そのほか中世の武士や庶民の住いなどでは,枝つきの木を人字形に組んだ鹿垣(ししがき)や柴垣,竹を編んだ垣,木枝や竹を格子状に組んだ籬(まがき),種々の樹木を植えた生垣(いけがき)が多く用いられた。 江戸時代の城下町につくられた武家屋敷でも,屋敷の周囲には,築地のほかにいろいろな生垣が用いられた。…

※「籬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

籬の関連情報