他動(読み)タドウ

デジタル大辞泉の解説

た‐どう【他動】

他に働きかけること。また、他から働きかけられること。
「偶然と―とで成し遂げられ」〈里見弴・安城家の兄弟〉
他動詞」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たどう【他動】

他に働きかけること。また、他から働きかけること。
「他動詞」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐どう【他動】

〘名〙
① 他からはたらきかけること。または、他にはたらきかけること。
※東京朝日新聞‐明治四〇年(1907)三月一一日「蓋し自ら提出したる議案を握潰さるるの不面目なるは言ふまでもなけれど、昨年既に其経験あり(他動、自動の別はあれど)」
語法指南(1889)〈大槻文彦〉動詞「国語の動詞には、〈略〉他動の上にも、完了語、一つにて足るあり、(糸を吐く、蜜を醸す、の類)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他動の関連情報