コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槻文彦 おおつき ふみひこ

8件 の用語解説(大槻文彦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大槻文彦

国語学者・新聞記者。江戸生。大槻磐渓の三男、大槻如電の弟。本名は清復、通称は復三郎、号は復軒。文学博士。『言海』の著者。昭和3年(1928)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおつき‐ふみひこ〔おほつき‐〕【大槻文彦】

[1847~1928]国語学者。江戸の生まれ。号は復軒。磐渓の三男。辞典の編修、文法書の著述、国字問題への尽力など多くの業績がある。編著「言海」「大言海」「広日本文典」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大槻文彦【おおつきふみひこ】

国語学者。本名は清復,号は復軒。江戸生れ。蘭学者大槻玄沢の孫,儒者大槻磐渓の子,如電の弟。国語辞典日本文典の編集および,国字問題に尽力。主著に《言海》《大言海》《広日本文典《口語法別記》等がある。
→関連項目大槻如電大槻磐渓国語辞典(日本)万国新聞紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大槻文彦 おおつき-ふみひこ

1847-1928 明治-大正時代の国語学者。
弘化(こうか)4年11月15日生まれ。大槻磐渓の3男。大槻如電(じょでん)の弟。開成所,大学南校でまなび,明治5年文部省にはいる。宮城師範校長,国語調査委員会主査委員などを歴任。国語辞書「言海」(のち増補し「大言海」)を編集し,24年自費刊行した。学士院会員。昭和3年2月17日死去。82歳。江戸出身。本名は清復。通称は復三郎。号は復軒。著作に「広日本文典」など。
【格言など】辞書は文教のもといたること,論ずるまでもなし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおつきふみひこ【大槻文彦】

1847‐1928(弘化4‐昭和3)
国語学者。本名は清復,通称は復三郎,復軒と号した。儒者磐渓の子,如電の弟。江戸に生まれ,若く漢学・洋学を修め,のち国語の研究に進んだ。1899年文学博士,1911年帝国学士院会員。その業績は,辞典の編修,文典の著述,および国字問題への尽力において著しい。《言海》(1889‐91)は,初め文部省の命で10年を費やして脱稿したものであるが,画期的国語辞書として,後年数百版を重ねた。晩年十数年はその増訂に専心したが,その《大言海》は没後(1937)に至って完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおつきふみひこ【大槻文彦】

1847~1928) 国語学者。江戸生まれ。号、復軒。磐渓ばんけいの子。文部省の命をうけ国語辞書「言海」(のち増補し「大言海」)を著す。また、国文法書「広日本文典」「口語法別記」などを刊行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大槻文彦
おおつきふみひこ

[生]弘化4(1847).11.15. 江戸木挽町
[没]1928.2.17. 東京
国語学者。文部省国語調査委員会委員,臨時仮名遣調査委員会委員などを歴任。 1899年文学博士。 1911年帝国学士院会員となる。『広日本文典』 (1897) およびその解説である『広日本文典別記』 (同) は,江戸時代以来の国学の流れと西洋文典の折衷で注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大槻文彦
おおつきふみひこ
(1847―1928)

国語学者。儒者大槻磐渓(ばんけい)の三男として江戸に生まれる。如電(じょでん)の弟。開成所、仙台藩養賢堂、三叉(さんしゃ)学舎などに学んだ。1872年(明治5)文部省八等出仕、英和辞書の編集にあたり、その後宮城師範学校校長、文部省御用掛などを歴任し、そのほか国語調査委員会委員などをも務めた。91年刊行完成の『言海』は、ウェブスターやヘボンの辞書を参照し、各語の発音、語の類別や語源、語釈、出典にわたって記したもので、国語の普通辞書として広く用いられた(のちに増補されて『大言海』になる)。また、その巻頭に付した「語法指南」に改訂を加えて97年『広日本文典』『広日本別記』を刊行したが、これは和洋の折衷文典として、文法学の基礎をなし、学校文法にも広く影響を与えた。このほか、国語調査委員会の『口語法』『口語法別記』の編集にもかかわるなど、口語研究にも新しい面を開いた。[古田東朔]
『『国語と国文学』大槻大矢両博士記念(1928年7月号・至文堂) ▽古田東朔「大槻文彦伝」(『文法』1969年5月号~71年3月号所収・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大槻文彦の言及

【沖縄学】より


[歴史]
 1879年の廃藩置県(琉球処分)以後の研究を指す。その以前に大槻文彦《琉球新誌》(1873)や伊地知貞馨《沖縄志》(1877)などが〈処分〉へ向けた政治的な含みをもってあらわれるが,それらは研究前史に位置づけられよう。初期段階では学術的に未開拓の沖縄に魅せられた研究者の先駆的な業績がある。…

【言海】より

大槻文彦の著した国語辞典。1875年(明治8)2月起草,84年脱稿,これを4分冊にして89年5月に第1版を刊行,91年4月に完結したもの。…

【口語法】より

…国語調査委員会(1902年文部省に設置)編纂の文法書。大槻文彦が立案起草し,委員会の審議および上田万年以下の特別委員の整理を経て,1907年に成り16年に公刊された。これは1900年前後の言文一致運動および03年以後の口語法に関する全国的調査(1906年《口語法調査報告書》,1907年《口語法分布図》が刊行された)と相応ずるものであって,全国共通語としての口語の文法を確立する試みの一つであった。…

【広日本文典】より

大槻文彦著の日本文法書。1897年(明治30)刊。…

【大言海】より

…1932‐37年刊。大槻文彦(おおつきふみひこ)著。同じ著者の《言海》を増補改訂したもの。…

※「大槻文彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大槻文彦の関連キーワード裏辻彦六郎岡田正美金井四郎佐竹延長尚昌鈴木忠孝谷新助谷森真男山口小太郎大正時代美術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大槻文彦の関連情報