コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付加価値分配率 ふかかちぶんぱいりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付加価値分配率
ふかかちぶんぱいりつ

企業が生産を通じて新たに生み出した付加価値が,企業の生産に直接,間接に参加した諸要素にいかに分配されるかを示した指標。これには,(1) 労働分配率=人件費÷付加価値 (労働者に対する分配) ,(2) 他人資本分配率=他人資本利息÷付加価値 (他人資本を提供した金融機関などに対する分配) ,(3) 自己資本分配率=純利益 (税引) ÷付加価値 (株主に対する分配) ,(4) 公共分配率=租税公課÷付加価値 (国または地方公共団体の間接的な寄与,貢献に対する分配) がある。このうち (2) (4) は支払利子,税金なので一定率が定まっており問題ないが,(1) (3) は可変的で,しかも相反する関係にある。したがってこの両者の配分争いの余地を残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android