コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他人資本 たにんしほん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

他人資本

借入金など外部から調達した資本のこと。企業が保有する資本のうち、仕入債務、借入金社債など、貸借対照表の「負債」の部に計上されるものの総称。貸方項目は、他人資本と自己資本に分けられ、他人資本は、流動負債と固定負債に分類される。自己資本に対する負債の割合を表す指標として負債比率がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

他人資本【たにんしほん】

外部からの借入で調達される資本。負債,借入資本とも。自己資本に対する。返済期限が1年以内か否かにより,短期他人資本と長期他人資本に大別され,会計上は,貸借対照表に流動負債と固定負債に分別計上される。
→関連項目資本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

他人資本

他人資本とは、貸借対照表の負債の部を指し、支払債務や借入金などからなる。企業が調達した資本のうち、企業外部から調達した資本という意味で他人資本という。企業が自前で調達した自己資本と異なり、返済する必要があり、利息支払いも必要となる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

たにんしほん【他人資本】

企業の資本の中で、所有が債権者に帰属するもの。借入金・支払手形・買掛金・社債など。 → 自己資本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

他人資本
たにんしほん

自己資本」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

他人資本
たにんしほん
borrowed capitaldebt capital

会社(企業)の資本(広義)のうち、銀行からの融資等、株主ではない外部者からの資金調達による部分。会計上、貸借対照表の借方側の資産に対して、その資金調達の源泉を表す貸方側の項目には自己資本と他人資本があり、この両者を資本として定義する場合、広義の資本となる。前者は、株主からの拠出額、すなわち企業の所有者からの資金調達部分なので企業の観点から「自己」資本とよぶのに対して、後者は、それと異なり、企業の所有者ではない外部者からの資金調達による部分をさすため、「他人」資本とよぶ。
 報酬に関しては、前者は資金提供者に対する便益は配当という形で与えられるのに対して、後者には利息の支払いという形で行われ、前者は利益なくしては実施されないが、後者は費用として利益の有無にかかわらず支払われる。また、前者には経営への参画が認められる点で、後者とは異なる法的立場にあるなどいくつかの相違点が認められるが、提供資金の経済的な機能の側面からすると、同じ会社資金として機能する「資本」であるという点では同様なので、同様に「資本」と呼称する。しかし、株主は会社の所有者という点で自己資本とよび、もう一方はそうではない資金提供者によるものなので他人資本とよび、それらの相違点についての区別をしている。他人資本は、負債とよばれるのが一般的であり、その具体的な項目には、借入金や普通社債、支払手形や買掛金などが含まれる。[近田典行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の他人資本の言及

【自己資本】より

…従来の一般的な用語法としては,企業に投下されている総資本のうち,貸借対照表資本の部に記載される純資産額(=資産総額-負債総額)に相当する部分をいう。これに対して,総資本のうちのそれ以外の部分,すなわち負債総額に相当する部分は,他人資本Fremdkapitalと称される。こうした用語法は,つぎのような考え方に由来する。…

【資本】より

…たとえば純資産(資産負債との差額という意味),正味財産(資産としての積極財産と,負債としての消極財産との差額という意味),自己資本(資本主みずからが拠出し,みずからに帰属する資本という意味。これに対し負債を他人資本といい,両者を合わせて総資本とし,総資産に対比させる),資本主持分(資本提供者の一人としての資本主にかかわる持分という意味。これに対し負債を債権者持分といい,両者を合わせた持分が資産と均衡することを強調する),というようにである。…

【負債】より

…会計用語。他人資本borrowed capital,Fremdkapitalとも称される。企業に投下されている総資本のうち,個人企業の場合には事業主の見地からみて,株式会社の場合には株主と企業それ自体とを一体化した立場からみて,みずからが拠出し,もしくはみずからに帰属するとみなされる資本部分を自己資本またはたんに資本と称するのに対して,それ以外の資本部分,すなわち他人から調達し,もしくは他人に帰属するとみなされる資本部分を他人資本または負債と称する。…

※「他人資本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

他人資本の関連キーワードエクイティファイナンスオーバーボローイングデットファイナンスデット Debtビジネス・リスク付加価値分配率株主資本回転率株主資本利益率D/Eレシオ自己資本比率株主資本比率レバレッジ短期借入金資本コスト株主持分借入金融固定比率外部金融設備資金資本構成

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android