純利益(読み)じゅんりえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

純利益
じゅんりえき

当期利益ともいう。対象となる会計期間における企業の行なった一切の活動による成果を示す利益。会社が配当金にあてたり,役員賞与金に向けたり,準備金として内部留保に回すなど,いわゆる利益処分を行う場合の源泉となる。なお通常は純利益というと法人税などを控除したあとの額を意味するが,それらをも含めたいわゆる税引前当期利益と区別するために,税引後当期利益と呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の純利益の言及

【売上総利益】より

…売上総利益は,会社の活動目的から生み出された利益で,会社の利益の基本的源泉をなし,売上収益に対するこの利益の割合(売上高総利益率)は,会社の収益力を表す指標であり,同業会社との競争力をみるうえで重要である。この利益から営業費を控除したものが営業利益であり,さらに営業外損益,特別損益が加減されて純利益が計算される。【前田 貞芳】。…

※「純利益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純利益の関連情報