コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純利益 じゅんりえき

2件 の用語解説(純利益の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

純利益
じゅんりえき

当期利益ともいう。対象となる会計期間における企業の行なった一切の活動による成果を示す利益。会社が配当金にあてたり,役員賞与金に向けたり,準備金として内部留保に回すなど,いわゆる利益処分を行う場合の源泉となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の純利益の言及

【売上総利益】より

…売上総利益は,会社の活動目的から生み出された利益で,会社の利益の基本的源泉をなし,売上収益に対するこの利益の割合(売上高総利益率)は,会社の収益力を表す指標であり,同業会社との競争力をみるうえで重要である。この利益から営業費を控除したものが営業利益であり,さらに営業外損益,特別損益が加減されて純利益が計算される。【前田 貞芳】。…

※「純利益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

純利益の関連情報