仙女香(読み)せんじょこう

精選版 日本国語大辞典の解説

せんじょ‐こう センヂョカウ【仙女香】

江戸、京橋南伝馬町三丁目稲荷新道(東京都中央区京橋三丁目)の坂本屋で売り出した白粉(おしろい)。歌舞伎役者三世瀬川菊之丞の俳名「仙女」にちなんで名づけられたもの。美艷仙女香。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)三「南伝馬町三丁目の稲荷新道で仙女香(センヂョカウ)と聞くと直知れやす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android