代始(読み)だいはじめ

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐はじめ【代始】

〘名〙 帝位、または家督などをついで、そのことが行なわれる最初の時期。
※玉葉‐嘉応二年(1170)三月二五日「経房申云、寛治元年無闕請字、依其例、去仁安三年無其字、今度如何、余云、無是、代初也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる