加法(読み)かほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「加法」の解説

加法
かほう

二つの数に対して、それを加え合わせて第三の数を求めることをいう。得られた第三の数を二つの数の和という。初めの二つの数のうち、加えられる数を被加数、加える数を加数という。たとえば、3+5=8では、3が被加数、5が加数、8が3と5の和である。加法のことを加え算(くわえざん)、寄せ算(よせざん)、足し算(たしざん)ともいう。加法は、二つの量の合併の結果を求める場合、一つの量にもう一つの量を付け加えた結果を求める場合などに用いられる。三つ以上の数の加法は、まず二つの数の和を求め、それに次々と加えていけばよい。加法では、交換法則a+b=b+aと結合法則(a+b)+c=a+(b+c)が成り立つ。

[三輪辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「加法」の解説

加法
かほう
addition

四則計算の一つ。加法には,集合数的に2つのものを合併する「寄せ算」的なイメージと,順序数的にある到達点にさらに追加する「足し算」的なイメージとが考えられる。前者は,2つの集合が合併されるとき,それのになっている量の加えられる測度の加法性へと発展するし,後者は,アフィン空間の点にベクトルの作用によって移動の生じるベクトルの加法性へと発展する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「加法」の解説

か‐ほう ‥ハフ【加法】

〘名〙 二つ以上の数または数式を加えてその結果を求める算法。足し算。寄せ算。加え算。⇔減法。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の加法の言及

【四則】より

…分数の間では,次のような演算ができる。この和,差,積,商を得る4種類の基本的演算,加法,減法,乗法,除法を四則演算という。ただし,除法では0で割ることは考えない。…

※「加法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android