減法(読み)げんぽう(英語表記)subtraction

翻訳|subtraction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「減法」の解説

減法
げんぽう
subtraction

四則計算の一つ。通常は,ある集合からその一部を取除いて考える算法をいう。集合 ABC に分割されている状態を考えれば,abac も対等に考えられ,5人のうち男3人で女は5人-3人というのと,5人のうち女2人で男は5人-2人というのはどちらも直接的に法と考えられる。しかし通常は除去に伴う時間的意識が残っているため,5人のうち3人出ていって残りは5人-3人になっても,5人から何人か出ていって2人残るという場合には,直接的に5人-2人と考えるより,5人-x人=2人のように考える人が多い。このほかに,についても減法が用いられるが,これは本来の減法とかなり性格が違う。抽象的には加法の逆演算である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「減法」の解説

減法
げんぽう

計算方法の一つ。二つの数に対して、一方の数から他方の数を引き去った第三の数を求めることを引き算、または減法という。そして得られた数を差という。初めの2数のうち、引かれる数を被減数、引く数を減数という。たとえば、8-3=5では、8が被減数、3が減数、5が差である。-は減法の記号である。減法は、ある量からいくらかの量を取り去った残りを求める場合、二つの量の違い(差)を求める場合などに用いられる。

[三輪辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「減法」の解説

げん‐ぽう ‥パフ【減法】

〘名〙 ある数から他の数を引き、その差を求める算法。減算。引き算。⇔加法。〔英和記簿法字類(1878)〕〔竪亥録‐三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の減法の言及

【四則】より

…分数の間では,次のような演算ができる。この和,差,積,商を得る4種類の基本的演算,加法,減法,乗法,除法を四則演算という。ただし,除法では0で割ることは考えない。…

※「減法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android