コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代諾養子 だいだくようし

大辞林 第三版の解説

だいだくようし【代諾養子】

養子となる者が一五歳未満であるときに、その法定代理人が代わって縁組の承諾をすることにより成立する養子縁組。代諾縁組。または、その縁組によって養子となった者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代諾養子
だいだくようし

養子縁組は、養親子間の契約によって成立するとされており、養子が15歳未満の場合は、その法定代理人(親権者または後見人)が子にかわって、縁組の承諾をする。その場合の養子をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

代諾養子の関連キーワード代諾縁組養子縁組

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android