代諾養子(読み)だいだくようし

大辞林 第三版の解説

だいだくようし【代諾養子】

養子となる者が一五歳未満であるときに、その法定代理人が代わって縁組の承諾をすることにより成立する養子縁組。代諾縁組。または、その縁組によって養子となった者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代諾養子
だいだくようし

養子縁組は、養親子間の契約によって成立するとされており、養子が15歳未満の場合は、その法定代理人(親権者または後見人)が子にかわって、縁組の承諾をする。その場合の養子をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だいだく‐ようし ‥ヤウシ【代諾養子】

〘名〙 養子となる者が一五歳未満であるとき、その法定代理人がこれに代わって承諾する養子縁組家庭裁判所の許可が必要。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android