縁組(読み)えんぐみ

精選版 日本国語大辞典「縁組」の解説

えん‐ぐみ【縁組】

〘名〙
① 夫婦、養子養女などの関係を結ぶこと。
※俳諧・独吟一日千句(1675)第六「親にはつげの櫛こりもなし 縁くみは我と我でのころひあひ」
② 法律用語。実際には親子でない者が、法律上親子の関係を結ぶこと。養子縁組
※民法(明治三一年)(1898)八六〇条「養子は、縁組の日より、養親の嫡出子たる身分を取得する」

えん‐ぐ・む【縁組】

〘自マ四〙 夫婦、養子、養女などの関係を結ぶ。
※俳諧・花のふるごと(1763)「をのが立木にほし残る稲〈流志〉 ふたつ屋はわりなき中と縁組て〈一泉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「縁組」の解説

えん‐ぐみ【縁組(み)】

[名](スル)
夫婦の関係を結ぶこと。婚姻。「町長仲人縁組みする」
法律上、親子の関係を結ぶこと。養子縁組み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android