縁組(読み)えんぐみ

精選版 日本国語大辞典「縁組」の解説

えん‐ぐみ【縁組】

〘名〙
① 夫婦、養子養女などの関係を結ぶこと。
※俳諧・独吟一日千句(1675)第六「親にはつげの櫛こりもなし 縁くみは我と我でのころひあひ」
② 法律用語。実際には親子でない者が、法律上親子の関係を結ぶこと。養子縁組
※民法(明治三一年)(1898)八六〇条「養子は、縁組の日より、養親の嫡出子たる身分を取得する」

えん‐ぐ・む【縁組】

〘自マ四〙 夫婦、養子、養女などの関係を結ぶ。
※俳諧・花のふるごと(1763)「をのが立木にほし残る稲〈流志〉 ふたつ屋はわりなき中と縁組て〈一泉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「縁組」の解説

えん‐ぐみ【縁組(み)】

[名](スル)
夫婦の関係を結ぶこと。婚姻。「町長の仲人で縁組みする」
法律上、親子の関係を結ぶこと。養子縁組み。
[類語]縁結び縁談良縁結婚婚約ゴールイン内縁婚姻こんいん嫁入り輿こし入れ嫁取り婿むこ入り婿取り成婚おめでた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「縁組」の解説

縁組【えんぐみ】

法律上は養子縁組をさす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android