令月(読み)れいげつ

精選版 日本国語大辞典「令月」の解説

れい‐げつ【令月】

〘名〙
① めでたい月。すべて物事を行なうのによい月。
※万葉(8C後)五・八一五右序文「于時初春月 気淑風和」 〔儀礼‐士冠礼〕
② 陰暦二月の異称。〔俳諧・増山の井(1663)〕 〔梁昭明太子‐二月啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「令月」の解説

れい‐げつ【令月】

何事をするにもよい月。めでたい月。「嘉辰(かしん)令月
陰暦2月の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android