令月(読み)レイゲツ

デジタル大辞泉の解説

れい‐げつ【令月】

何事をするにもよい月。めでたい月。「嘉辰(かしん)令月
陰暦2月の異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいげつ【令月】

何事をするのにもよい月。めでたい月。よい月。
陰暦二月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐げつ【令月】

〘名〙
① めでたい月。すべて物事を行なうのによい月。
※万葉(8C後)五・八一五右序文「于時初春令月 気淑風和」 〔儀礼‐士冠礼〕
② 陰暦二月の異称。〔俳諧・増山の井(1663)〕 〔梁昭明太子‐二月啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

令月の関連情報