仮想インフラストラクチャ(読み)かそういんふらすとらくちゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

仮想インフラストラクチャ

企業内のインフラ仮想化したもの。または、インフラを仮想化するサービス、ソフトウェア群の名称。サーバー、ストレージなどインフラを仮想化により集約。機材の統合による管理コストの低減や、インフラの増加を抑制できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android