コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想仕事の法則 virtual work principle

法則の辞典の解説

仮想仕事の法則【virtual work principle】

仮想仕事の原理*と呼ぶこともある.静的平衡系において,その平衡から極微量の変位をもたらす仕事の合計量は,その変位が系に対する束縛条件を満足している限りにおいてはゼロに等しい.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

仮想仕事の法則の関連キーワード仮想仕事の原理

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android