コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮説因子 かせついんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮説因子
かせついんし

実測値の変動分析を行う実験計画法における実測値の構造の一部。実測値の構造は研究対象となる諸因子に関係する部分とそれ以外の誤差とから成り立つが,このうちの前者をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android