仰願寺蝋燭(読み)コウガンジロウソク

デジタル大辞泉の解説

こうがんじ‐ろうそく〔カウグワンジラフソク〕【仰願寺××燭】

仏前などにともす細く小さいろうそく。江戸時代、京橋の越前屋九右衛門が、浅草仰願寺院主の依頼によって作りはじめたという。仰願寺。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうがんじ‐ろうそく カウグヮンジラフソク【仰願寺蝋燭】

〘名〙 仏前などにともす小形の蝋燭。江戸時代、延宝(一六七三‐八一)の頃、江戸浅草仰願寺の院主が念仏用として、蝋燭店に作らせたものという。こうがんじ。おてら。〔随筆・本朝世事談綺(1733)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android