院主(読み)いんじゅ

大辞林 第三版の解説

いんじゅ【院主】

住職。寺院の主。
禅宗で、監寺かんすの旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐しゅ ヰン‥【院主】

〘名〙
① 病院、学院、美容院などの長。

いん‐じゅ ヰン‥【院主】

〘名〙
① 禅宗寺院の監寺(かんす)の旧名。監寺は六知事の一つで、寺内の衆僧を監督する役。
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「大潙、一日喚院主。院主来。山云。我喚院主。汝来作什麽。院主無対」
② 寺院のあるじの僧。住持。住職
※平家(13C前)六「院主の光影房に此の事をかたる」

いん‐す ヰン‥【院主】

〘名〙 寺院の住職。いんじゅ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

院主の関連情報