院主(読み)いんじゅ

精選版 日本国語大辞典「院主」の解説

いん‐じゅ ヰン‥【院主】

〘名〙
禅宗寺院監寺(かんす)の旧名。監寺は六知事の一つで、寺内の衆僧を監督する役。
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「大潙、一日喚。院主来。山云。我喚院主。汝来作什麽。院主無対」
② 寺院のあるじの僧。住持住職
平家(13C前)六「院主の光影房に此の事をかたる」

いん‐す ヰン‥【院主】

〘名〙 寺院の住職。いんじゅ。

いん‐しゅ ヰン‥【院主】

〘名〙
① 病院、学院、美容院などの長。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「院主」の解説

院主
いんじゅ

寺務を司る役の僧侶。禅宗寺院では監寺 (かんす) といったが,のちに寺院の主である住持とは別の役職とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android