コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲卸業者 なかおろしぎょうしゃ

大辞林 第三版の解説

なかおろしぎょうしゃ【仲卸業者】

卸売市場で、卸売業者から生鮮食料品などを買い、小売商や飲食店などに市場内の店舗で販売する者。市場開設者である地方自治体の許可を受ける。仲卸。 〔かつては仲買人と呼ばれた〕 → 卸売業者

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

仲卸業者

卸売市場で、競りなどを通じて青果鮮魚といった品物を仕入れ、スーパーなどに小分けして売る仲介業者。顧客要望を踏まえて品物を見極め、ふさわしい値段をつける役割を担う。営業するには開設者の許可が必要。農林水産省によると、全国の中央卸売市場仲卸業者数は3413(2014年度)で、10年前より3割減った。半数以上は本業で利益が出ていない。

(2017-01-31 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なかおろし‐ぎょうしゃ〔‐ゲフシヤ〕【仲卸業者】

卸売市場の中に店舗を構え、卸売業者から買い受けた商品を仕分けて小売業者や飲食店などの買出人に販売する業者。卸売市場で仲卸業を営むには市場開設者の許可が必要。仲卸。仲買人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の仲卸業者の言及

【卸売市場】より

…また施設を利用して売買取引に従事するものを〈市場業者〉と呼ぶ。市場業者は,(1)出荷者(生産者またはその代理人)から生鮮食料品等の販売委託を受け,これを仲卸業者(いわゆる仲買)および小売商等の売買参加者に販売する〈卸売業者〉,(2)卸売業者から買い入れたものを市場内の店舗で小売商,大口需要者等に販売する〈仲卸業者〉,(3)卸売業者または仲卸業者から生鮮食料品等を購入する小売商および大口需要者,から構成されている。そして,一般的には,卸売業者と仲卸業者や売買参加者との間における〈せり〉を原則とした取引と,仲卸業者と小売商等の間における〈相対〉による取引の2段階の取引が行われている。…

【仲買】より

…ブローカーは仲立人(なかだちにん),仲介人(ちゆうかいにん)とも呼ばれる。 法定商品市場の商品取引所では商品取引員の旧称である商品仲買人の略称,また卸売市場では仲卸業者の通称。商品取引所の商品取引員は商品取引所法で定める会員のうち〈売買の媒介,取次ぎもしくは代理(商品市場での売買取引の取次ぎを含む)〉者という規定に当てはまる仲買業者である。…

※「仲卸業者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仲卸業者の関連キーワード松戸市公設地方卸売市場北部市場東京魚市場卸協同組合盛岡市中央卸売市場市場(いちば)農産物流通魚市場仲買

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仲卸業者の関連情報