コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卸売市場 おろしうりしじょう wholesale market

6件 の用語解説(卸売市場の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

卸売市場

青果物、生花、魚など、多数の生産者と多数の消費者が存在する品目を効率的に流通させる仕組みで、集荷・分荷・競りによる価格形成が基本的な役割。卸売市場を経由する取引は市場流通、産直や朝市など卸を経由しない取引は市場外流通と呼ばれる。2004年6月に、複雑な流通機構、市場間転送、相対先取りなどの問題に対応するため、卸売市場法が改正された。主な改正内容は、産地が卸売市場に支払う委託手数料の自由化と、大手量販店や外食産業への直接販売ができない(第三者販売の禁止)といった事業規制の緩和など。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

卸売市場

中央卸売市場と地方卸売市場に大別される。中央卸売市場都道府県などが開設し、4月現在、全国に75カ所。地方卸売市場は都道府県知事の許可制で、公設、第三セクター、民営と形態は様々。全国に1207カ所ある。中央卸売市場は一般客への小売り規制が厳しいが、地方市場は比較的緩やか。観光スポットとなった東京都の都中央卸売市場築地市場でも、ジャガイモなら5ケースマグロなら5キロ以上など大量購入しない限り、原則として一般客は場内での買い物はできない。

(2010-09-04 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おろしうり‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【卸売市場】

生鮮食料品などの卸売取引のための市場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典の解説

卸売市場

野菜・果実、魚類、肉類など生鮮食料品やその他一般消費者の日常生活に供せられる食料品などについて、多数の売買当事者が集合し、一定の規則のもとに卸売取引する場所。わが国では農林水産大臣認可による中央卸売市場、都道府県知事許可による地方卸売市場と、その他の零細卸売市場に分かれる。卸売市場の取引主体は、卸売業者・仲卸売業者(仲買人)・売買参加人の三者で、卸売業者が中核となり、出荷者から委託された物品を、せりにより仲卸売業者や売買参加人に販売する。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おろしうりしじょう【卸売市場】

最も広義には,生産者と販売業者,販売業者相互,または販売業者と産業用需要者の間における取引,すなわち卸売取引が行われる空間的・時間的な広がりを意味する。しかし,一般的には,具体的な施設と制度を有して恒常的な卸売取引がなされる場(具体的市場)を指す。なかでも,青果物(野菜,果物),水産物,食肉といった生鮮食料品を中心とした商品について,現物を眼前に置きながら取引をする具体的な場所とそこにおける取引制度を称することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おろしうりしじょう【卸売市場】

小売商・卸売商・企業を需要者として、供給者である生産者との間に成立する市場。
卸売が行われる場所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卸売市場の言及

【卸売市場】より

…なかでも,青果物(野菜,果物),水産物,食肉といった生鮮食料品を中心とした商品について,現物を眼前に置きながら取引をする具体的な場所とそこにおける取引制度を称することが多い。その場合には,卸売市場(いちば)とも呼ばれる(〈青果市場〉〈青物市〉〈魚市場〉〈魚市〉の項目参照)。 青果物,水産物などの多くは,品質・サイズ・重量など,価格を決定する際の諸要素を規格・統一化しにくいという特性がある。…

【市】より

… 市は,定住店舗による町の発展ののちも,併設されていたが,だんだん少なくなっていった。それとは別に,中世後期から一定の職種を専門とする卸売市場が各地におこった。その早い例として,南北朝期,淀川を上ってくる塩,塩合物(塩魚)に限って独占的に商う淀魚市があった(魚市)。…

【商品市場】より

…一定の場所に商品の売手と買手が集まって取引する商品市場は,これに対して具体的な商品市場あるいは組織商品市場と分類できる。特定の日に開かれる木材,家畜などの(いち),干しシイタケ,鰹節,干しのり,荒茶などの入札会,野菜,果実,魚介,生花を中心とする卸売市場,原糸,大豆,ゴム,砂糖などを取引する商品取引所などがそれである。具体的な市場は,法律に基づいて特定の場所(施設)で一定のルールに従って継続して取引する商品取引所や卸売市場(中央,地方)のように高度に組織化された市場と,入札会,せり市,席上(せきじよう)取引,荷受市場など組織化の度合が比較的低い市場に分けられる。…

【青果市場】より

…かつては青物市と呼ばれた。現在では,中央卸売市場,地方卸売市場,その他の卸売市場の三つの形態がある。このうち前2者は卸売市場法(1971公布)の規制のもとにある。…

【農産物市場】より

…(a)農産物は品質が多様であり,売手・買手は多数の場合が多いため,現物を前に多数の売手・買手が集まって集合的に取引を行う形が多くなる。すでに封建時代に問屋街が形成され,また近代社会で卸売市場が現れるのはこのためである。(b)長期的な傾向変動,規則的な季節変動,また一部の農産物にみられる周期変動など,農産物に独特な価格変動が現れる。…

※「卸売市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卸売市場の関連キーワード青果物多数代表制小売自由競争青果生産者価格多数の法則青果市場生産者登録制度生産者賞 (breeder's bonus)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卸売市場の関連情報