業者(読み)わざもの

精選版 日本国語大辞典「業者」の解説

わざ‐もの【業者】

〘名〙
① 仕事をする者。労働する者。また、仕事、業(わざ)のこと。
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「舞歌は遊芸の諸曲也。当芸に限りたる態物(わざもの)にはあらず」
② 事をしでかした者。所業におよんだ者。無法な行動をした者。
※浮世草子・鬼一法眼虎の巻(1733)五「此わざもの、平家の御威光を以て探し出さでおくべきや」
③ 業(わざ)にひいでた者。技量のすぐれた者。わざにん。わざびと。
長唄・姿花后雛形(1832)小鍛冶「清光凜々麗しき、若手の業物(ワザモノ)切物と、四方にその名は響きけり」

ぎょう‐しゃ ゲフ‥【業者】

〘名〙
① 商業、工業などの事業を営んでいる人。また特に、ある官庁や企業などに関連した仕事を受けている会社や商店などをいう。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉三「其意見を詳述し、活刷して当業者に頒てり」
② 同じ種類の事業を行なっている人。同業者。
※最低賃金法(1959)九条「業者間協定における賃金の最低額に関する定が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「業者」の解説

ぎょう‐しゃ〔ゲフ‐〕【業者】

商工業などの事業を営んでいる人。「出入り業者
同じ種類の事業や商売をしている人。同業者。「業者仲間」「業者間の相場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android