件名標目(読み)けんめいひょうもく(英語表記)subject heading

図書館情報学用語辞典の解説

件名標目

言葉によって主題検索するときに用いる統制語のことで,件名目録において用いられる.この一覧表を件名標目表といい,その中から資料の主題を表す言葉を選んで与える.主題のほか,辞典や全集など,形式を表す言葉も含まれる.冊子体あるいはカード式の件名目録では,排列順序を決める第一の手がかりとなる.コンピュータ目録の場合は,分類記号と合わせて主題検索のアクセスポイントとして重要な役割を果たす.標目の形としては,「日本語」のような単一の形,「図書館(公共)」のような転置形,「図書整理法」のような複合語などがある.最大の特徴は,「日本―歴史」のような事前結合形が存在することである.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android