冊子体(読み)さっしたい(英語表記)codex; book form

図書館情報学用語辞典 第5版「冊子体」の解説

冊子体

同一サイズの紙や獣皮紙などを複数枚重ね,その一辺をや糸でとじ合わせたもの.丈夫にするために,シートの前後に表紙を付けることもある.一枚ものや巻子本などと同様,資料の形態を表す用語である.図書や雑誌など,現代の印刷資料の多くは冊子体である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android