コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予神楽

1件 の用語解説(伊予神楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

伊予神楽

愛媛県宇和島市および北宇和郡に伝わる民俗芸能。この地域の神社で春や秋の例祭の際に奉納される神楽で、鎌倉時代の創始とされ、男性神職のみにより演じられることから「男神子(おかんこ)四国神楽」ともいう。1981年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊予神楽の関連キーワード愛媛県宇和島市宇和津町愛媛県宇和島市御殿町愛媛県宇和島市新町愛媛県宇和島市住吉町愛媛県宇和島市野川愛媛県宇和島市藤江愛媛県宇和島市丸穂愛媛県宇和島市丸之内愛媛県宇和島市蕨愛媛県宇和島市和霊町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone